• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

定時制教員から一念発起 ノーベル賞・大村さん“波乱の人生”

 日本の医学・生理学界で3人目の快挙だ――。

 北里大学の大村智特別栄誉教授(80)のノーベル医学・生理学賞受賞が決まった。5日夜、大村氏は会見を開き、「なにか人の役に立つことはないかと絶えず考えている。そういうことが今回の賞につながった」と喜びを語った。

 大村氏はアフリカや中南米に広がる熱帯病のオンコセルカ症(河川盲目症)やリンパ系フィラリア症(象皮症)の特効薬である「イベルメクチン」を開発。これまで世界中で3億人を救ったといわれている。04年にガーナを訪問したときは現地の子供たちに「イベルメクチンのおかげで失明することがなくなった」と感謝された。野口英世に匹敵する人物だが、その経歴がすごい。

 大村氏は中学、高校の理科教員を目指して山梨大学芸学部に入学。同学部は現在の教育人間科学部の前身で、大村氏は58年の卒業と同時に都立墨田工業高校の定時制で理科と体育の教員を務めた。そのかたわら、東京理科大大学院で理学修士課程を修了した苦労人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る