定時制教員から一念発起 ノーベル賞・大村さん“波乱の人生”

公開日: 更新日:

 日本の医学・生理学界で3人目の快挙だ――。

 北里大学の大村智特別栄誉教授(80)のノーベル医学・生理学賞受賞が決まった。5日夜、大村氏は会見を開き、「なにか人の役に立つことはないかと絶えず考えている。そういうことが今回の賞につながった」と喜びを語った。

 大村氏はアフリカや中南米に広がる熱帯病のオンコセルカ症(河川盲目症)やリンパ系フィラリア症(象皮症)の特効薬である「イベルメクチン」を開発。これまで世界中で3億人を救ったといわれている。04年にガーナを訪問したときは現地の子供たちに「イベルメクチンのおかげで失明することがなくなった」と感謝された。野口英世に匹敵する人物だが、その経歴がすごい。

 大村氏は中学、高校の理科教員を目指して山梨大学芸学部に入学。同学部は現在の教育人間科学部の前身で、大村氏は58年の卒業と同時に都立墨田工業高校の定時制で理科と体育の教員を務めた。そのかたわら、東京理科大大学院で理学修士課程を修了した苦労人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る