施政方針演説で21回…安倍首相「挑戦」連呼は不安の裏返し

公開日: 更新日:

「何とかのひとつ覚え」という言葉がピッタリなのが安倍首相の演説だ。22日に衆院本会議で施政方針演説を行い、「挑戦」という言葉を21回も連発して話題になっている。

 安倍首相は4日の年頭会見でも約20分間で「挑戦」を24回も口にした。「未来に挑戦」「本年は挑戦、挑戦、挑戦あるのみ」といった具合だが、その裏には焦りが潜んでいるらしい。明大講師の関修氏(心理学)に解説してもらった。

「挑戦という勇ましい言葉を連呼したのは“私は国民のために果敢に戦っているのだ”とアピールすることで自分の弱気を隠そうとしているのです。安倍首相人気が株価に支えられていることは首相も認識しているはず。年頭からの株安によって人気に陰りが出ることに不安を覚え、自分の弱気を隠すために挑戦を連呼している。分かりやすく言うとカラ元気。国民に語りかけているというより、自分を鼓舞しているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

もっと見る