減税に奔走 元サラリーマン新党代表の青木茂さんが死去

公開日: 更新日:

 元参院議員で元サラリーマン新党代表の青木茂さんが27日午前、大動脈瘤破裂のため東京都世田谷区の自宅で死去した。93歳だった。愛知県出身。葬儀は近親者のみで執り行う。喪主は長男吾朗氏。

 青木さんは東京帝国大卒業後、大妻女子大教授(経済学)などを経て、83年にサラリーマン新党を設立、代表に就任した。同年の参院選に比例代表で初当選、1期務めた。

 出馬の理由を本紙にこう語っている。

「昭和43年でしたか、月刊誌に不公平税制に関する小論を発表したところ、これが大反響を呼び、ボクを代表に『サラリーマン同盟』なる組織が結成されましてね。そこで減税をテーマに運動を展開していたんですが、その折に知り合った市川房枝さんから“議席を持っていると便利”と言われ、昭和58年の参院選にサラリーマン新党を旗揚げして選挙に打って出たわけです。でも、新党結成は確か公示日の1カ月前。随分あわただしい選挙戦でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る