60回通ったバド田児は“上客” 実は厳しい闇カジノの台所

公開日: 更新日:

 NTT東日本所属のバドミントン選手が闇カジノに出入りしていた問題。ロンドン五輪に出場した田児賢一選手(26)が、リオ五輪出場を確実視される桃田賢斗選手(21)ら複数の選手に違法カジノを紹介していたという。

「選手らが訪れていたのは、指定暴力団住吉会系幹部が関わっていた東京・錦糸町の24時間営業のカジノ店。トランプなどで勝ち負けをつける『バカラ賭博』の店で、警察の摘発を逃れるため移転を繰り返し、14年11月ごろから錦糸町に店を開いていた。田児選手らが訪れていたのはこのころ。結局、店は昨年4月に警視庁に摘発され、閉店しています」(捜査事情通)

 この店は半年で1億円の売り上げだったというから、1度の来店で10万~20万円のカネを使っていた選手らはそれなりの“上客”だ。

 田児選手は「客引きの紹介で入った」と話しているという。だが、ある暴力団関係者はこう否定する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  4. 4

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  5. 5

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

  9. 9

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る