60回通ったバド田児は“上客” 実は厳しい闇カジノの台所

公開日: 更新日:

 NTT東日本所属のバドミントン選手が闇カジノに出入りしていた問題。ロンドン五輪に出場した田児賢一選手(26)が、リオ五輪出場を確実視される桃田賢斗選手(21)ら複数の選手に違法カジノを紹介していたという。

「選手らが訪れていたのは、指定暴力団住吉会系幹部が関わっていた東京・錦糸町の24時間営業のカジノ店。トランプなどで勝ち負けをつける『バカラ賭博』の店で、警察の摘発を逃れるため移転を繰り返し、14年11月ごろから錦糸町に店を開いていた。田児選手らが訪れていたのはこのころ。結局、店は昨年4月に警視庁に摘発され、閉店しています」(捜査事情通)

 この店は半年で1億円の売り上げだったというから、1度の来店で10万~20万円のカネを使っていた選手らはそれなりの“上客”だ。

 田児選手は「客引きの紹介で入った」と話しているという。だが、ある暴力団関係者はこう否定する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  5. 5

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  6. 6

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  7. 7

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  8. 8

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る