60回通ったバド田児は“上客” 実は厳しい闇カジノの台所

公開日: 更新日:

 NTT東日本所属のバドミントン選手が闇カジノに出入りしていた問題。ロンドン五輪に出場した田児賢一選手(26)が、リオ五輪出場を確実視される桃田賢斗選手(21)ら複数の選手に違法カジノを紹介していたという。

「選手らが訪れていたのは、指定暴力団住吉会系幹部が関わっていた東京・錦糸町の24時間営業のカジノ店。トランプなどで勝ち負けをつける『バカラ賭博』の店で、警察の摘発を逃れるため移転を繰り返し、14年11月ごろから錦糸町に店を開いていた。田児選手らが訪れていたのはこのころ。結局、店は昨年4月に警視庁に摘発され、閉店しています」(捜査事情通)

 この店は半年で1億円の売り上げだったというから、1度の来店で10万~20万円のカネを使っていた選手らはそれなりの“上客”だ。

 田児選手は「客引きの紹介で入った」と話しているという。だが、ある暴力団関係者はこう否定する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  9. 9

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  10. 10

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る