60回通ったバド田児は“上客” 実は厳しい闇カジノの台所

公開日: 更新日:

「客引き? 今どきありえないよ。多くの闇カジノは会員制で、身元確認をするなど警戒態勢を敷いている。ここ数年は店の大金を狙った中国マフィアがカジノ店を襲撃し、現金を強奪するケースが増えている。客引きなんかしたら、どこの馬の骨とも分からないヤツが来てもおかしくない」

 実際、摘発された錦糸町の裏カジノ店も警戒は厳しかったという。

「店はビルの9階でしたが、エレベーターが止まらないように細工されていました。店内に入るには隠しカメラで顔を確認し、身分証の提示が必要です。380人の会員がいて、田児選手らは常連だったのです」(前出の捜査事情通) 

 闇カジノについて、「ヤクザはシノギを取るため必死になっています」と裏事情に詳しいライターの夏原武氏はこう言う。

「闇カジノは金持ちや有名人が出入りし、昔と変わらない安定した収入を得られるため、みながやりたがるシノギ。ですが最近は、徐々に数が減りつつあります。摘発が厳しくなった警察から逃れるため、数カ月ごとに店の場所を変えなければならず、莫大な経費がかかるようになったからです。カタギから賭博場を借りるのも大変で、『いっそ船でやろうか』という冗談を言う人もいるくらい。どこも見つからないようひっそりと店を構えています」

 バド選手たちはいい金ヅルだったわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  6. 6

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  7. 7

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る