訴訟完敗に追い打ち 大塚家具“パパ新会社”に社員50人流出

公開日: 更新日:

 パパの完勝だ。大塚家具の創業者の大塚勝久前会長(72)と娘の久美子社長(48)が、大塚家の資産管理会社「ききょう企画」をめぐり争っていた裁判。久美子氏サイドは13日、東京地裁が15億円を支払うよう命じた判決を受け入れ、遅延損害金を含めて全額を支払った。

 2年半にわたる父娘の法廷闘争は終結することになった。勝久氏の代理人はこう言う。

「勝久氏と久美子氏は2つの裁判を抱えていましたが、どちらも、こちら側の要求が全面的に受け入れられた形です。今年に入って2度、久美子氏側から大きく譲歩する和解案が提示されたが、勝久氏は拒否しています。今後、勝久氏としては、大塚家具の経営に関与するつもりはなく、新会社の経営に専念するようです」

 法廷で完敗した久美子氏だが、本業でも苦戦が続いている。今年に入り3カ月連続で月の売上高が前年割れ。3月にいたっては騒動前の水準と比べると、5割近くも売り上げを落としているのだ。大塚家具は“泥舟”となってしまうのか。社員たちが逃げ出しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る