3・6また臨時株主総会…ロッテ“お家騒動”ますます炎上中

公開日: 更新日:

 経営権をめぐって創業家の兄弟が対立し、お家騒動を繰り広げているロッテホールディングスが3月6日に臨時株主総会を開く。昨年8月に続いて2回目だ。議案は長男の重光宏之前副会長(62)側が提出した株主提案で、次男の重光昭夫副会長(61)らの取締役解任などを求めている。

 骨肉の争いは、日本グループを率いる宏之氏と韓国事業を担う昭夫氏が、創業者の父・重光武雄会長(94)の後継指名の奪い合いで始まった。当初、武雄氏を味方につけたのは昭夫氏だった。

「昭夫氏は武雄氏に対し、宏之氏が海外事業で大失敗した上、仲間を会社に引き入れて私物化していると告げ口した。真に受けた武雄氏が昭夫氏に後を譲り、昨年1月に宏之氏を解任。ハメられた格好の宏之氏は半年かけて武雄氏を説得して翻意させ、逆襲に出たのです」(ロッテ関係者)

 7月に父親連れで東京本社に乗り込んだ宏之氏は、武雄氏以外の全取締役のクビを通告。ところが、逆に昭夫氏が武雄氏の代表権を外し、8月開催の臨時株主総会もまとめた。その上、韓国では12月に武雄氏に成年後見制度を適用するよう家裁に申請がされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  8. 8

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る