ロッテ臨時総会 次男“連勝”でも長男・宏之氏が余裕なワケ

公開日: 更新日:

 激しいお家騒動を繰り広げている「ロッテホールディングス(HD)」が6日、臨時株主総会を開き、長男の重光宏之前副会長(62)が提出した「現経営陣の刷新」の株主提案を否決。昨年8月に行われた総会に続き、次男の重光昭夫副会長(61)が“連勝”した形となった。

 今回の株主総会で焦点となったのが、議決権の約3割を保有する「従業員持ち株会」の行方だ。宏之氏サイドは、創業者で父の重光武雄名誉会長(93)や重光家の資産管理会社「光潤社」が保有する株を合わせると約3割の議決権を確保。持ち株会が宏之氏につけば、過半数に達する計算だが、今回は賛同を得られなかった。

「持ち株会には約130人が所属していて、“意思決定”を行うのは理事会の5人。しかし、全員が現経営陣の直属の部下です。上司から強い“圧力”があったことも考えられます。現に持ち株会のトップの理事長は、総会を欠席しています。ただ、宏之氏にとって、今回の否決は想定の範囲内です。急に総会が決まったのも、持ち株会が揺らがないうちにという昭夫氏の焦りがあったからでしょう。宏之氏としては6月の定時株主総会までじっくり時間をかけて、持ち株会を説得するようです」(ロッテ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る