核兵器開発を容認するオバマ大統領が広島を訪問するワケ

公開日: 更新日:

「核兵器のない世界を目指す国際的機運を盛り上げる上で、極めて重要な歴史的機会になる」

 菅官房長官は11日の会見で、オバマ米大統領の広島訪問をこう“絶賛”していた。オバマが広島で核兵器廃絶を世界に向けてブチ上げるのではないか――と期待してしまうが、大間違い。世界最大の「核武装国家」である米国が、そう簡単に核兵器を手放すハズがない。

 オバマは09年4月、チェコの首都プラハで行った演説で「核なき世界」を訴え、ノーベル平和賞を受賞した。ロシアと競い合って核開発を主導してきた大国の“英断”に世界は拍手喝采だったが、米国はその後も核爆発を伴わない「臨界前核実験」を続けている。さらに新型核兵器を今も着々と開発中だ。

「英エコノミストは今年1月、オバマ政権が今後30年かけて1兆ドル(約108兆円)を投じて核戦力の更新を計画している、と報じています。主な中身は、核攻撃型巡航ミサイル・トマホークの後継とされる新型長距離巡航ミサイル『LRSO』の開発です」(軍事ジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  5. 5

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  6. 6

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  7. 7

    参院選演説で連発 自民の“失言リバイバル”は舌禍より本音

  8. 8

    “コントの神様”志村けんは「キッチリ準備」が仕事の流儀

  9. 9

    【秋田】大物応援vs草の根選挙 イージス配備めぐり舌戦

  10. 10

    錦織圭4大大会5連続8強 好調の裏に“恋人との一軒家ステイ”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る