• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「今の政治は異常」 憲法学者・樋口陽一氏が盟友にエール

 投票日を目前にして、8日、永田町近くのホールで小林節代表の政治団体「国民怒りの声」が「憲法改悪を許さない総決起集会」を開いた。

 まさに、立憲主義を踏みにじる安倍政権に対する戦いの総決算。小林代表の盟友で憲法学界の権威・樋口陽一東大名誉教授(81)も駆け付け、“生まれて初めて”という選挙応援の挨拶に立った。

「投票結果いかんで日本の戦後を下支えしてきた憲法が危うくなる。学問と政治の世界にケジメをつけてきたが、小林さんが出馬するという行動をとったのも、私がこのような場でしゃべるのも、今の日本の政治が異常で異様だからです。その風景を変えなければいけない」

 力強いエールを送られた小林代表。決意表明は、「残された時間、死ぬ気でやります」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る