• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安倍政権が進める テレビなくてもNHK受信料“徴税”プラン

 テレビがなくても受信料を払え――。ネット配信の時代、テレビのない世帯にも受信料を負担させることを総務省が検討していると報じられ、ネット上でも話題になっている。スマホやパソコンなどでの視聴にも対象を広げる狙いだが、「電気が通っている世帯にはすべて課金する“税金化”案もある」(事情通)というから穏やかではない。

 NHK広報は本紙の取材に対し「総務省でそのような検討をしていると報道されたことは承知している。NHKは放送と通信の融合の時代にふさわしい受信料制度の研究はしている」と、一般論で回答した。NHK出身のジャーナリスト・立花孝志氏はこう言う。

「NHKは“税金化”に反対するでしょう。NHKは今の受信料制度を維持したい。手間暇かけて自ら受信料を取ることは実はおいしい。取り立てのための費用は年間約730億円。契約数が上がらなくてもそれだけの仕事があるのです。税金化するとそれがなくなる。また、税金化されると、国や国民からの風当たりも強くなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る