冒頭解散触れず メディアが加担した小池知事“ヤラセ会見”

公開日: 更新日:

 東京都知事選で初当選した小池百合子氏(64)が2日、初登庁した。都庁での初の記者会見では、小池氏が一番の公約に掲げた「冒頭解散」についての質問は一切出ず、喫緊の課題である築地市場の移転問題にも触れることはなかった。

■当選直後から明らかなトーンダウン

「議会を冒頭、解散します」――。あの勇ましく掲げた公約は何だったのか。2日、小池氏が都庁で行った会見。都民がまず聞きたかったのは「冒頭解散」の話だろう。権力とカネが渦巻くという伏魔殿・都議会の“解体”こそが、小池氏に託された使命だったはずだ。

 しかし、冒頭解散について質問する大新聞、テレビはなし。「オリンピック関連で“都議会のドン(内田茂都連幹事長)”が利権関係で動いたという報道があったが」という質問にも、小池氏は「個別のことはお答えしません」とはぐらかした。今後は「都政改革本部」を設置するらしいが、こんな弱腰で本当に改革なんてできるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  7. 7

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る