日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

現地リポート 沖縄・高江ヘリパッド強行“無法地帯”の実情

 沖縄県北部の小さな村・高江で強行に進められる米軍のオスプレイ離着陸用のヘリパッド建設。現地では反対派住民らがテントを張って抵抗し、機動隊とのにらみ合いが続いている。今月6日には安倍昭恵首相夫人が視察に訪れた。現地からのリポート。

「法治国家なら法的に私たちを連れ出せ!」

 沖縄平和運動センターの山城博治議長は県内外から数多く集まった有志の市民らを前に声を枯らし、訴えた。そして、弁護士の小口幸人氏がマイクを引き継ぎ、抗議行動の正当性を解説した。

 高江では、警察が法的根拠なく県道を封鎖。機動隊600人の暴力により、座り込みする市民は肋骨を粉砕し、このままでは死人が出る恐れすらある無法状態が続いている。

 普段は人口150人ほどの静かな村だ。しかし、リオ五輪開幕と原爆忌の重なる6~8日が市民排除の修羅場になる可能性があるとの呼びかけに全国の有志が呼応。9年前から基地反対活動を続けている地元民に加え、県内外から延べ2000人以上が集まった。これに東京からキー局のテレビ報道クルーが中継車まで出して来沖。結果、焦点の3日間、権力側の暴挙を食い止めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事