• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

この暑さは10月まで続く…“猛暑関連”の狙い目「10銘柄」

 9日も関東で40度に迫るなど各地で猛烈な暑さとなった。8日には岐阜県多治見市で今夏最高の39.7度を観測。先週末は熱中症で病院に運ばれる人が全国で850人に上り、死者も出た。この猛暑、まだまだ続くらしい。

 ウェザーマップの気象予報士・大野治夫氏がこう言う。

「今年はエルニーニョの影響で熱帯太平洋の広い海域で海面水温が平年より高い状況が続いており、南から暖かい空気が流れ込んでくることで今の猛暑となっています。現在、台風の卵である熱帯低気圧が、南東の海上で次々に発生しています。台風となり、日本列島に接近すると、湿った蒸し暑い空気が流れてくる。日本に上陸する9月下旬から10月上旬にかけて、40度を超える猛暑があるかもしれません」

 聞いただけでクラクラするが、猛暑を逆手に取って関連銘柄を物色してみてもよさそうだ。エアコン、日焼け止め、レジャーなど、関連した企業はたくさんある。カリスマ個人投資家の新田ヒカル氏に狙い目を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る