移転延期に逆らえば「小池新党」 自民都議団に“踏み絵”

公開日:  更新日:

「築地市場の移転は延期する」――と正式表明した小池都知事。移転には“都議会ドン”の内田茂都議も深く関わっているだけに、都議会自民党とバトルが勃発するのは必至だ。

 ドンが牛耳る自民党都連には、移転推進派の水産卸団体から200万円もの献金が渡っている。“天敵”の内田都議を抹殺するつもりの小池知事は、「築地の問題も解明しないと」と意気込んでいるという。

「豊洲移転の総事業費は、2009年の4300億円から5900億円に大幅に増えている。なぜ事業費が膨れ上がったのか、一つ一つ洗っていけば、その裏にある利権をバクロできると小池知事は踏んでいるようです」(都政関係者)

 小池知事は、自民党都議団に踏み絵を踏ませるつもりらしい。自分につくか、ドンにつくか判断を迫り、場合によっては、自民党都議団を分裂させるつもりだとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る