• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不正発覚で辞職ドミノ 富山市議“芋づる逮捕”は時間の問題

 富山市議会が崩壊寸前だ。政務活動費の不正請求が相次いで発覚し、自民党会派の3人の議員が辞めた上、民進党系会派の2人も辞職願を提出。他にも2人が不正を認めていて、さらに別の4人の議員も不正受給の疑いが持たれている。

 呆れるのはその手口だ。「市議会のドン」といわれる自民会派の前会長・中川勇元市議は、白紙の領収書を使って約695万円を不正に受給。岡本保元市議に至っては、過去に領収書をもらった店と同じものを、自らパソコンで偽造。民進党系会派の針山常喜議員も、領収書の金額欄に数字を書き加えていた。もはや、市議会全体の組織ぐるみの犯罪といっていい。

 すでに市民団体の「富山県平和運動センター」が詐欺容疑などで、市議に対する告発状の提出を検討している。刑事事件に発展するのも時間の問題だ。政治資金に詳しい上脇博之神戸学院大教授はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る