• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不正発覚で辞職ドミノ 富山市議“芋づる逮捕”は時間の問題

 富山市議会が崩壊寸前だ。政務活動費の不正請求が相次いで発覚し、自民党会派の3人の議員が辞めた上、民進党系会派の2人も辞職願を提出。他にも2人が不正を認めていて、さらに別の4人の議員も不正受給の疑いが持たれている。

 呆れるのはその手口だ。「市議会のドン」といわれる自民会派の前会長・中川勇元市議は、白紙の領収書を使って約695万円を不正に受給。岡本保元市議に至っては、過去に領収書をもらった店と同じものを、自らパソコンで偽造。民進党系会派の針山常喜議員も、領収書の金額欄に数字を書き加えていた。もはや、市議会全体の組織ぐるみの犯罪といっていい。

 すでに市民団体の「富山県平和運動センター」が詐欺容疑などで、市議に対する告発状の提出を検討している。刑事事件に発展するのも時間の問題だ。政治資金に詳しい上脇博之神戸学院大教授はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る