米大統領選 残り1週間で“トランプ逆転”…1ポイントリード

公開日: 更新日:

 残り1週間でまさかの大逆転!? 米有力紙ワシントン・ポストとABCテレビが先月末に行った大統領選挙の共同世論調査で、共和党ドナルド・トランプ候補の支持率が46%、民主党ヒラリー・クリントン候補が45%となり、トランプがヒラリーを1ポイント上回った。

 今回の調査は、連邦捜査局(FBI)がヒラリーの私用メール問題で捜査を再開すると明らかにした10月28日を挟み、27~30日の4日間行われた。その1週間前の調査では、ヒラリーがトランプを4ポイントリードしていたから、FBIの捜査再開が影響したのは間違いない。ほかの世論調査の平均でも、ヒラリーのリードは2ポイントに縮まっており、トランプが猛追している。8日の投票まで1週間となって、大混戦の様相を呈している。

 これを受けて、1日のNYダウ平均株価は下落。終値は前日比105.32ドル安の1万8037.10ドルとなった。円高も進み、1週間ぶりに103円台後半に上伸した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る