鶴保沖縄相また問題発言 土人発言「差別とは断定できぬ」

公開日: 更新日:

 鶴保庸介沖縄担当相が、また問題発言をした。

 沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設現場で、大阪府警の機動隊員が市民に向かって「ボケッ、土人が」と暴言を吐いた問題に関し、8日の参院内閣委員会で「人権問題であるかどうかの問題について、第三者が一方的に決めつけるのは非常に危険なこと。言論の自由はもちろん、どなたにでもある」と主張。

「その(土人という)言葉が出てきた歴史的経緯には、さまざまな考え方がある。現在、差別用語とされるようなものでも、過去には流布していたものも歴史的にはたくさんある」と勝手な持論を展開した。共産党の田村智子議員への答弁。

 さらに、自由党の山本太郎議員が、この問題が県民感情を損ねているかどうかについて聞くと、「県民感情を損ねていると、私が断定するものではない。申し上げる立場にない」と述べた。

 よくも、こんな男が、沖縄担当相をやっているものだ。安倍内閣にはまともな大臣が一人もいないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る