日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鶴保沖縄相また問題発言 土人発言「差別とは断定できぬ」

 鶴保庸介沖縄担当相が、また問題発言をした。

 沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設現場で、大阪府警の機動隊員が市民に向かって「ボケッ、土人が」と暴言を吐いた問題に関し、8日の参院内閣委員会で「人権問題であるかどうかの問題について、第三者が一方的に決めつけるのは非常に危険なこと。言論の自由はもちろん、どなたにでもある」と主張。

「その(土人という)言葉が出てきた歴史的経緯には、さまざまな考え方がある。現在、差別用語とされるようなものでも、過去には流布していたものも歴史的にはたくさんある」と勝手な持論を展開した。共産党の田村智子議員への答弁。

 さらに、自由党の山本太郎議員が、この問題が県民感情を損ねているかどうかについて聞くと、「県民感情を損ねていると、私が断定するものではない。申し上げる立場にない」と述べた。

 よくも、こんな男が、沖縄担当相をやっているものだ。安倍内閣にはまともな大臣が一人もいないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事