防衛省にサイバー攻撃 自衛隊最高級幹部「危機的な事態」

公開日:  更新日:

 防衛省と自衛隊の駐屯地や基地を結ぶ高速・大容量の通信ネットワーク「防衛情報通信基盤(DII)」がサイバー攻撃を受け、陸上自衛隊のシステムに侵入されていたことが発覚した。

 28日の東京新聞などによると、防衛省は今回のサイバー攻撃を9月ごろに確認し、警戒レベルを引き上げた。しかし、国家が関与したとみられる高度な組織的攻撃を受け、警戒網はあっけなく破られた。情報漏洩などの被害の全容は判明しておらず、自衛隊最高級幹部は「危機的で相当深刻な事態だ」と認めたという。

 DIIは、関係者が内部情報を伝達する「内部系」とインターネットに接続する「外部系」に分離。外部から「内部系」に侵入するのは不可能なはずだった。

 ところが、今回狙われたのは防衛大と防衛医科大のパソコン。両大学のパソコンは「内部系」に接続できると同時に、全国の大学が参加する学術ネットワークにも接続していたという。このいずれかのパソコンを“入り口”として侵入したとみられる。

 防衛省は2014年にサイバー攻撃に対処する専門部隊「サイバー防衛隊」を創設。24時間態勢で通信状況をモニターするなどしているが、足元にとんだ落とし穴があったわけで、お粗末と言うほかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る