アノニマス日本攻撃激化で判明 サイバー危機管理は穴だらけ

公開日:  更新日:

 国際的ハッカー集団アノニマスが日本への攻撃を強めている。先月から厚労省がたびたび襲われ、ホームページが何度も閲覧不能状態に陥っている。財務省や金融庁、衆議院、警察庁も被害に遭い、成田空港や羽田空港など日本の玄関口までも標的にされた。狙いは一体何なのか。

 日本は2年ほど前からイルカ漁に抗議するサイバー攻撃の対象になっている。外部から大量のデータを送りつけてサーバーに負荷をかける「DDoS(ディードス)攻撃」が彼らの手口で、このところ激しさを増しているのだ。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏に聞いてみた。

「注目度を高めるためにターゲットを公的機関に広げている可能性があります。昨年、日本年金機構のサーバーが不正アクセスを許し、情報流出して大騒ぎになった。年金情報やマイナンバーを所轄する厚労省は個人情報の宝庫ですから、そのシステムを揺るがしたとなればインパクトは大きい。しかし、こうもやられっぱなしだと、セキュリティーに不安を覚えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る