懲戒処分の反省ゼロ…相も変わらぬ都庁の“業者軽視”体質

公開日:

 ズサンな体質はなかなか変わらない。

 豊洲市場の山積する課題を検討する「市場問題プロジェクトチーム(PT)」の第3回会議が29日、開催された。既に当初の開場日だった11月7日から3週間が過ぎたが、都の市場担当者はいまだに市場で働く業者との意思疎通が希薄。業者を軽視するかのような態度だった。

 まずは、豊洲の卸売棟で、荷降ろしするスペースが不足している問題。トラックが殺到し渋滞が起きれば、物流がストップする恐れがあるが、対応は後手後手だ。

 都は、屋根がある待機駐車場84台分を積み込み場に転用する案を示したが、担当者は「業者から車両数の詳細なデータを入手した後に対応する」と言った。いまだに業者のニーズを把握していないのだから、フザケている。建築家の竹内昌義委員も「建物ができちゃった今の状態でまだ業者から情報を得られていないとは、いかがなものか」と呆れていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る