• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内紛勃発 トランプ氏長女の夫が陰の首席補佐官として実権

 トランプ政権の閣僚人事を巡って、政権移行チームに内紛が勃発。その中で実権を握りつつあるのが、トランプの長女イバンカの夫ジャレッド・クシュナーだ。

 トランプ政権のCIA長官候補と目されていたマイク・ロジャーズ元下院議員が15日、自らチームを離脱したと発表。元議員は、政権移行チームの委員長から副委員長に降格されたニュージャージー州のクリス・クリスティー知事と親しい。

 そのクリスティーは同州の検事だった2005年、クシュナーの父親を脱税や違法献金で刑務所送りにしたことがある。クリスティーの降格もロジャーズの離脱も、クシュナーの個人的な遺恨が働いたとみられている。

 クシュナーはトランプの大のお気に入りだ。米国では「反縁故法」により、大統領の家族が政府の要職に就くことは禁止されているが、無給ならホワイトハウスで補佐官として働くことは可能だ。そのため、クシュナーが無給で“陰の首席補佐官”としてホワイトハウスを牛耳るのではないかとの観測が浮上している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る