トランプ政権と大違い なぜカナダは「移民歓迎」なのか?

公開日: 更新日:

 アメリカだけでなく、ヨーロッパ各国で「移民反対」「難民受け入れノー」の動きが広がっている。ところが、先進国の中でカナダだけは、「移民歓迎」の姿勢を打ち出している。

 トランプが大統領令で中東など7カ国からの入国禁止を命じた翌日の1月28日、カナダのトルドー首相はすかさずこうツイートした。

〈迫害、テロ、そして戦争から逃れようとしている人たちへ。信仰に関係なく、カナダ人はあなたたちを歓迎します。多様性こそがわが国の強みです〉

 2017年には難民4万人を含む30万人の移民を受け入れる方針だというから、どうやら口先だけではなさそうだ。しかし、どうしてカナダだけは移民に寛容な政策を進められるのか。そこにはシタタカな国家戦略があるらしい。

 龍谷大学の松島泰勝教授が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る