• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ“側近中の側近”5人組 知られざる右腕美女の正体

 トランプ政権では、バノン首席戦略官(63)が重用され、プリーバス首席補佐官(44)と同格の扱いを受けている。この2人に加えて、娘婿のクシュナー上級顧問(36)とコンウェー大統領顧問(50)の4人がトランプの「側近」と報じられているが、米誌タイム1月30日号によると、トランプには、ほかに5人の「側近中の側近」がいて、大きな影響力を持っているという。

「ワンマン」のように見えるが、トランプは自分の考えを周囲に話し、意見交換をしながら物事を決める。ホワイトハウス内の指揮系統はピラミッド型ではなく、自転車の車輪型で「トランプが中心になり、ほかのみんなはスポークとなっている」(元大統領選スタッフ)という。

 ほとんど日本では報じられていないその「5人組」とは、シラー大統領執務室業務担当主任(58)、ジジコス先遣担当主任、スカビーノSNS担当主任(41)、マッケンティー大統領私的アシスタント。そして写真の美女、ヒックス戦略コミュニケーション主任(28)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

もっと見る