• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小池新党が都議選64人以上擁立検討…単独過半数を目指す

 5日の千代田区長選の圧勝を受け、小池新党が今年7月の東京都議選で、議会の単独過半数となる64人以上の候補者擁立を検討していることが分かった。

 5日の千代田区長選で各マスコミが行った出口調査の結果は衝撃的だった。

 当選した石川氏は、次点の与謝野氏の3倍超となる全投票数の65%を獲得。石川氏が自公推薦で当選した前回より、小池効果で16ポイントもアップした。

 各種の出口調査をまとめると、自民推薦の与謝野氏が自民支持層の3割も取れなかったのに対し、石川氏は6割超を獲得した。

 驚くべきは、これまで自民とタッグを組んできた公明支持層の9割超が石川氏に流れたこと。バックにいる創価学会婦人部の“小池人気”の絶大さを示す数字だ。民進支持層の7割超、無党派層の6割超が石川氏に投票した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る