金正男暗殺 日本が提供の「指紋情報」を身元特定に活用

公開日: 更新日:

 北朝鮮の金正男暗殺事件で、マレーシア政府は10日、死亡したのが金正男だと確認したと発表したが、これに日本政府が提供した金正男の指紋などの情報が活用されたことが分かった。

 金正男は2001年5月、偽造パスポートを使ってシンガポールから成田空港に到着した際、日本の入管当局によって拘束され、国外退去処分を受けた。この時に採取した指紋や顔写真などの身体の特徴に関するデータが提供されたという。

 北朝鮮政府は、死亡したのは「キム・チョル」という外交官だと主張して、北朝鮮に滞在中のマレーシア人を“人質”に取っている。これに対抗してマレーシア政府も同国内にいる北朝鮮人の出国を認めない措置を取るなど、両国の外交関係は一触即発の状態だ。

 暗殺されたのが金正男と確定されたことで、ますます不利な状況に追い込まれた北朝鮮が次に何をしでかすか、緊張は高まる一方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る