金正男暗殺 日本が提供の「指紋情報」を身元特定に活用

公開日:

 北朝鮮の金正男暗殺事件で、マレーシア政府は10日、死亡したのが金正男だと確認したと発表したが、これに日本政府が提供した金正男の指紋などの情報が活用されたことが分かった。

 金正男は2001年5月、偽造パスポートを使ってシンガポールから成田空港に到着した際、日本の入管当局によって拘束され、国外退去処分を受けた。この時に採取した指紋や顔写真などの身体の特徴に関するデータが提供されたという。

 北朝鮮政府は、死亡したのは「キム・チョル」という外交官だと主張して、北朝鮮に滞在中のマレーシア人を“人質”に取っている。これに対抗してマレーシア政府も同国内にいる北朝鮮人の出国を認めない措置を取るなど、両国の外交関係は一触即発の状態だ。

 暗殺されたのが金正男と確定されたことで、ますます不利な状況に追い込まれた北朝鮮が次に何をしでかすか、緊張は高まる一方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る