仏大統領選 マクロン氏とルペン氏が5月7日の決選投票へ

公開日: 更新日:

 23日に行われたフランス大統領選(第1回投票)は、中道系独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相(39)と、極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(48)が、5月7日の決選投票へ進出を決めた。

 主要4候補の得票率(開票率97%)はマクロン氏が23.9%とリードし、ルペン氏は21.4%、共和党のフィヨン元首相(63)は19.9%、急進左派・左翼党のメランション元共同党首(65)は19.6%となっている。

 決選投票ではEUの枠組みを堅持すると主張しているマクロン氏が有利と伝わる。

 為替市場は大統領選の開票結果を受け、24日朝のシドニー市場でユーロが急伸した。ドル円相場も、一時は1ドル=110円台後半まで円安が進んだ。

 株式市場は大統領選や円安を好感し、寄り付きから値を上げ、日経平均の午前終値は前週末比249円49銭高の1万8870円24銭だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る