日経平均4日続伸 市場の主役は“戦争”から“値上げ関連”へ

公開日:

 25日、日経平均は約1カ月ぶりに1万9000円台を回復。朝鮮人民軍創建85周年が過ぎ去り、地政学リスクは遠のいたというのが大方の見方で、続く26日も前日比210円高の1万9289円。これで4日間合計で約860円上げたことになる。

 これまで市場の主役だった“戦争銘柄”は軒並み下落。照明弾の細谷火工が前日比マイナス14.5%(25日終値、以下同)、防衛用表示機器の日本アビオニクスはマイナス13.0%、機雷の石川製作所もマイナス10.2%だ。

「市場は、危機は去りつつあると判断したのです。安全資産といわれる円は売られ、円安に振れたことも株高要因です。円安メリットを享受する輸出関連の上昇が目立ちましたが、その裏で値上げ関連株が大幅高を演じました。株価1万9000円回復の原動力は、地政学リスクの後退ではなく、27年ぶりに宅急便を値上げするヤマト運輸などの“値上げ企業”でしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る