日経平均4日続伸 市場の主役は“戦争”から“値上げ関連”へ

公開日: 更新日:

 25日、日経平均は約1カ月ぶりに1万9000円台を回復。朝鮮人民軍創建85周年が過ぎ去り、地政学リスクは遠のいたというのが大方の見方で、続く26日も前日比210円高の1万9289円。これで4日間合計で約860円上げたことになる。

 これまで市場の主役だった“戦争銘柄”は軒並み下落。照明弾の細谷火工が前日比マイナス14.5%(25日終値、以下同)、防衛用表示機器の日本アビオニクスはマイナス13.0%、機雷の石川製作所もマイナス10.2%だ。

「市場は、危機は去りつつあると判断したのです。安全資産といわれる円は売られ、円安に振れたことも株高要因です。円安メリットを享受する輸出関連の上昇が目立ちましたが、その裏で値上げ関連株が大幅高を演じました。株価1万9000円回復の原動力は、地政学リスクの後退ではなく、27年ぶりに宅急便を値上げするヤマト運輸などの“値上げ企業”でしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  3. 3

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  4. 4

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  5. 5

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  6. 6

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る