• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大化け株のヒント満載! 必読「投資に勝つ」新語集

 5月以降の投資テーマは何か。これさえバッチリ押さえておけば値上がり株が見えてくる。

「最近は横文字ばかりが主要テーマで、何とも理解しにくい。ただし、分からないからといって無視してしまうと、儲けのチャンスを逃すことになります」(市場関係者)

 株式アナリストの櫻井英明氏が「投資に勝つ」ヒントをそっと教えてくれた。「内閣府の総合科学技術・イノベーション会議で出された『ターゲット領域検討に向けた全体俯瞰図』という一枚の資料は注目です。市場テーマになりそうな単語が並べられていて、材料のデパートといえます」

 資料はAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット化)、ビッグデータの3大テーマを軸に、自動運転やセンシング(センサーを利用して音・光などを計測)などで構成されており、耳慣れない言葉も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る