大化け株のヒント満載! 必読「投資に勝つ」新語集

公開日:

 5月以降の投資テーマは何か。これさえバッチリ押さえておけば値上がり株が見えてくる。

「最近は横文字ばかりが主要テーマで、何とも理解しにくい。ただし、分からないからといって無視してしまうと、儲けのチャンスを逃すことになります」(市場関係者)

 株式アナリストの櫻井英明氏が「投資に勝つ」ヒントをそっと教えてくれた。「内閣府の総合科学技術・イノベーション会議で出された『ターゲット領域検討に向けた全体俯瞰図』という一枚の資料は注目です。市場テーマになりそうな単語が並べられていて、材料のデパートといえます」

 資料はAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット化)、ビッグデータの3大テーマを軸に、自動運転やセンシング(センサーを利用して音・光などを計測)などで構成されており、耳慣れない言葉も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る