テロ対策、教育関連…GW中に急浮上した「改憲銘柄26社」

公開日: 更新日:

 大型連休の真っただ中だというのに、兜町関係者がにわかに騒ぎ出している。

「安倍首相が言い出した憲法改正ですよ。首相は2020年に施行したいと、時期について初めて口にしました。こうなると、改憲が市場テーマとして急浮上します」(市場関係者)

 憲法記念日だった3日、安倍は都内で開かれた集会にビデオメッセージを寄せ、戦争の放棄を定めている9条に自衛隊の存在を明記した条文を追加したい意向を示した。

「改憲の是非はともかく、7日に実施される仏大統領選や9日の韓国大統領選と同じように、市場の重要テーマになりました。週明けから改憲関連を物色する動きが加速すると思います」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 具体的にはどんな銘柄に株高期待が持てるのか。

「改憲の肝は自衛隊です。ひと言でいえば、防衛関連の強化なので軍需銘柄に人気が集まることになるでしょう」(倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  8. 8

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る