学生やOBは金利優遇? あおぞら銀行が上智大に本店移転

公開日: 更新日:

 日本の銀行で初めて大学構内に本店を移転したあおぞら銀行。8日から、上智大四谷キャンパスのソフィアタワー1階に資産運用などを相談する窓口、7~16階に本社のオフィスを構えた。およそ1200人のスタッフがそこで働いている。

「もともと千代田区九段南にあった旧本店ビルは築ウン十年。防災面にも不安があったのです。一方の上智大にすれば、安定した家賃収入が入る。両者の利害が一致したわけです。オフィス面積は旧本店より2割ほど狭くなりますが、1月に建ったばかりのピカピカのビル。きれいな職場に、行員はおおむね満足していますね」(あおぞら銀行関係者)

 あおぞら銀行は移転決定を機に、高齢者の消費動向に関する共同調査を上智大と始めるなど、連携を深めている。

 9月からは、あおぞら銀行の行員が講師を務める「バンキング基礎演習」を上智大経済学部で開講する予定で、金融理論と実務の違いなど、“現場の声”を学生に伝えていくという。もちろん、正式な単位になるそうだ。さらに、同大生の就職相談やインターンシップも積極的に受け入れていくらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  10. 10

    “ヌーブラ、ヤッホー!”元「モエヤン」久保いろはさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る