舛添都政の負の遺産…選手村用地“9割引き売却”の脱法手口

公開日: 更新日:

 地方公共団体が「個人」だって? こんなムチャな理屈で進行中なのが、東京五輪の選手村開発事業だ。予定地となる約13.4ヘクタールの都有地は実勢の9割引き、約130億円で大手ディベロッパー11社に売却。今月15日、この投げ売りを「違法」とする住民監査請求の意見陳述で、都の担当者から飛び出たのは、あきれた「こじつけ」だ。

 選手村事業は「都市再開発法に基づく市街地再開発事業」だ。地方公共団体が施行者になる場合、許認可権者の国交相と施行規程を条例で制定する議会のクロスチェックを受けるなど、さまざまな規制が定められている。

 ところが、本件では土地の所有者である東京都が「個人施行者」として申請。この場合、許認可権者は都知事となり、国のチェックなどを免れる。地権者も施行者も許認可も東京都という1人3役の規制逃れに昨年4月、ゴーサインを出したのは舛添要一前知事だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る