首位はソニー…役員報酬1億プレーヤー開示人数ランキング

公開日: 更新日:

 “1億円プレーヤー”の開示が始まっている。東京商工リサーチは、有価証券報告書(有報)を基にした「役員報酬1億円以上開示企業」調査(6月20日時点)を公表した。

 トップはソニーのマイケル・リントン執行役で、報酬額は11億3600万円と、20日時点で唯一の10億円超えだった。社長の平井一夫氏(9億5500万円)を上回る報酬額に驚くが、リントン氏は映画・音楽事業のソニー・エンタテインメントCEOを務めた人物。今年ソニーを去り、写真・動画共有アプリ「スナップチャット」の米スナップ社へ転身を決めた。

 このほかソニーには吉田憲一郎副社長(4億3400万円)など計10人の1億円プレーヤーがいる。開示人数の多さで堂々の1位だ。

 2位は半導体製造装置の東京エレクトロン。河合利樹社長(4億3100万円)、常石哲男会長(3億3900万円)など、9人が1億円以上だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る