首位はソニー…役員報酬1億プレーヤー開示人数ランキング

公開日:

 “1億円プレーヤー”の開示が始まっている。東京商工リサーチは、有価証券報告書(有報)を基にした「役員報酬1億円以上開示企業」調査(6月20日時点)を公表した。

 トップはソニーのマイケル・リントン執行役で、報酬額は11億3600万円と、20日時点で唯一の10億円超えだった。社長の平井一夫氏(9億5500万円)を上回る報酬額に驚くが、リントン氏は映画・音楽事業のソニー・エンタテインメントCEOを務めた人物。今年ソニーを去り、写真・動画共有アプリ「スナップチャット」の米スナップ社へ転身を決めた。

 このほかソニーには吉田憲一郎副社長(4億3400万円)など計10人の1億円プレーヤーがいる。開示人数の多さで堂々の1位だ。

 2位は半導体製造装置の東京エレクトロン。河合利樹社長(4億3100万円)、常石哲男会長(3億3900万円)など、9人が1億円以上だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る