伊藤園が茶摘み判断で活用 観察するドローン拡大の予感

公開日: 更新日:

 伊藤園(東京・渋谷区)は、茶摘みの最適時期を判断するため、ドローンを利用する実験を始めた。撮影した画像を解析し、摘採時期の判断に活用するという。茶摘みのタイミングで質の8割が決まるといわれているが、伊藤園のようなトップ企業でも、茶摘みの時期の判断は、長年の知識と経験頼りだった。

「気温や天気により一晩で生育状況が変わるため、摘採時期が近づくと熟練者などが日々見回り、お茶の葉の状況をチェックしています」(伊藤園広報担当)

 今回ドローンの利用を始める大分県臼杵市の茶畑は面積が30万平方メートルと広大で、畑を回るだけで数日かかるという。日本の農地は狭く、ドローンを使うほどの規模ではないイメージがあるが、実は畑面積は拡大する方向にある。

「過疎化や高齢化で後継者不足が深刻です。その結果、耕作放棄地が拡大しています。それらを集積、整備し、畑面積も拡大しています」(前出の担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る