日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今治市が「加計学園情報」隠し 関係書類を全面非開示に

「一点の曇りもない」のであれば、すべての関係書類をつまびらかにすればいい。コソコソと隠すのは、インチキだったと認めたのも同然だ。

「加計学園」の獣医学部新設問題で、愛媛・今治市が情報公開請求に応じて開示してきた職員の首相官邸訪問記録などの関係書類を一転して全面非開示としたことが分かった。15日の東京新聞が報じた。

 記事によると、東京新聞の情報公開請求に対して全面非開示とされたのは、市が国家戦略特区に申請する直前の2015年4月2日、特区担当の市職員が首相官邸を訪問した出張記録など9件。これまでは一部黒塗りで開示していた。

 今治市は開示判断を変えたことについて「再度精査した結果」と説明する一方、国の関与は否定したというが誰が信じるのか。自分たちにとってヤマシイ情報はひたすら隠し、バレたら「怪文書」扱いで知らん顔。なるほど、安倍政権が信用されないワケだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事