• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パリ協定実施しないと気温6度上昇…80年後の「猛暑銘柄」

 アジア開発銀行が14日に発表した調査報告書の内容は衝撃的だった。

 パリ協定などの地球温暖化対策が何も実行されなかったら、2100年までに大陸部アジアの夏季平均気温は、産業革命前に比べて6度、中国北西部などの一部地域では8度上昇すると予想している。台風が大型化し、年間降雨量は大半の地域で最大50%増え、洪水も頻繁に起き……。

 東南アジアでは、今世紀末までに、年間コメ生産量が最悪半減する国も出る恐れもあるという。とまあ、とんでもない災害に伴い、アジア諸国の貧困も進むという“地獄絵図”を描いている。

 だから地球温暖化対策をしっかり取りましょうという話なのだが、そこはそれ、他人の不幸もメシのタネにする兜町界隈では、「長い目で見たら猛暑銘柄か」(大手証券会社関係者)なんて声もちらほら。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  7. 7

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る