東京港でも発見…注目高まる「猛毒ヒアリ」関連15銘柄

公開日: 更新日:

 6日、東京港・大井埠頭でも見つかった南米原産の殺人毒アリ「ヒアリ」。神戸港や名古屋港など4カ所で発見され、日本全国で繁殖が確認されるのも時間の問題といわれてきたが、もはや“水際作戦”は手遅れだったようだ。となると、やはりというのか、にわかに市場で注目を集め始めたのが「ヒアリ関連銘柄」である。

「刺されたら死に至ることもあるといわれ、今のところ即応力のある治療法はありません。急騰している関連銘柄はどれも殺虫、予防が中心です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 兜町でにぎわっている「ヒアリ関連株」はざっと別表の通りだ。まずは家庭用殺虫剤大手の「フマキラー」(東証2部)は5日、30年ぶりの高値(1208円)を記録した。住宅用シロアリ駆除大手の「アサンテ」(東証1部)は6日、終値が2109円で、終値としては上場来最高だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

もっと見る