東京港でも発見…注目高まる「猛毒ヒアリ」関連15銘柄

公開日: 更新日:

 6日、東京港・大井埠頭でも見つかった南米原産の殺人毒アリ「ヒアリ」。神戸港や名古屋港など4カ所で発見され、日本全国で繁殖が確認されるのも時間の問題といわれてきたが、もはや“水際作戦”は手遅れだったようだ。となると、やはりというのか、にわかに市場で注目を集め始めたのが「ヒアリ関連銘柄」である。

「刺されたら死に至ることもあるといわれ、今のところ即応力のある治療法はありません。急騰している関連銘柄はどれも殺虫、予防が中心です」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 兜町でにぎわっている「ヒアリ関連株」はざっと別表の通りだ。まずは家庭用殺虫剤大手の「フマキラー」(東証2部)は5日、30年ぶりの高値(1208円)を記録した。住宅用シロアリ駆除大手の「アサンテ」(東証1部)は6日、終値が2109円で、終値としては上場来最高だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る