• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

熱中症による搬送者増加は本当に「猛暑」のせいなのか

 台風一過で南風が吹き込んだ今週17日、群馬・館林や栃木・佐野、山梨・大月などで最高気温が40度に迫り、最高気温が35度以上の猛暑日は全国929観測点のうち101カ所に上った。

 気温の上昇で熱中症で搬送される人も急増。8月14日までの2週間は1万2142人。このままのペースで増えると、昨年8月の月間搬送者数2万3925人を上回りそうだ。

 熱中症の搬送者数は夏の気温も影響するから、単純に時系列で比較できないが、人口減少の世の中なのに増加傾向なのはやっぱり猛暑のせいなのか。東京医大循環器内科兼任教授・桑島巌氏が言う。

「もちろん、温暖化や猛暑の影響もありますが、一番の影響は高齢化ですよ。人口減でも、少子化のため全体の人口に占める高齢者(65歳以上)の割合は増えています。熱中症で倒れる人は、比較的高齢者が多いため、搬送者も増加傾向です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る