• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

熱中症による搬送者増加は本当に「猛暑」のせいなのか

 台風一過で南風が吹き込んだ今週17日、群馬・館林や栃木・佐野、山梨・大月などで最高気温が40度に迫り、最高気温が35度以上の猛暑日は全国929観測点のうち101カ所に上った。

 気温の上昇で熱中症で搬送される人も急増。8月14日までの2週間は1万2142人。このままのペースで増えると、昨年8月の月間搬送者数2万3925人を上回りそうだ。

 熱中症の搬送者数は夏の気温も影響するから、単純に時系列で比較できないが、人口減少の世の中なのに増加傾向なのはやっぱり猛暑のせいなのか。東京医大循環器内科兼任教授・桑島巌氏が言う。

「もちろん、温暖化や猛暑の影響もありますが、一番の影響は高齢化ですよ。人口減でも、少子化のため全体の人口に占める高齢者(65歳以上)の割合は増えています。熱中症で倒れる人は、比較的高齢者が多いため、搬送者も増加傾向です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る