日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新国立過労自殺 工期最優先と犠牲の上に成り立つ東京五輪

 2020年東京五輪開幕まで、24日でちょうど残り3年。「五輪に間に合うのか」という“至上命令”が強まり、準備が加速することは必至だが、新国立競技場の建設工事に関わっていた当時23歳の男性が過労自殺したとして、遺族が労災を申請したばかり。「国家的行事」の名のもとに、過労を強いられた若い命が犠牲になったのだ。人手不足も進む中、このまま「五輪に間に合わせろ」と工期を最優先すれば、再び不幸が繰り返されるに違いない。

 昨年4月、都内の建設会社に新卒で就職した男性は、12月から新国立の地盤改良工事の現場監督を任された。新卒1年目には荷が重いうえ、極度の長時間労働、深夜勤務、徹夜が続き、自殺直前1カ月の残業は211時間に達した。

「どんなに激務でも、仕事の上で誰かの“見守り”があれば何とかなるのですが、今の建設現場は人間関係が希薄。若い男性は責任をひとりで抱え込んでしまったのでしょう」(新国立問題を追及する建築エコノミストの森山高至氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事