新国立過労自殺 工期最優先と犠牲の上に成り立つ東京五輪

公開日: 更新日:

 2020年東京五輪開幕まで、24日でちょうど残り3年。「五輪に間に合うのか」という“至上命令”が強まり、準備が加速することは必至だが、新国立競技場の建設工事に関わっていた当時23歳の男性が過労自殺したとして、遺族が労災を申請したばかり。「国家的行事」の名のもとに、過労を強いられた若い命が犠牲になったのだ。人手不足も進む中、このまま「五輪に間に合わせろ」と工期を最優先すれば、再び不幸が繰り返されるに違いない。

 昨年4月、都内の建設会社に新卒で就職した男性は、12月から新国立の地盤改良工事の現場監督を任された。新卒1年目には荷が重いうえ、極度の長時間労働、深夜勤務、徹夜が続き、自殺直前1カ月の残業は211時間に達した。

「どんなに激務でも、仕事の上で誰かの“見守り”があれば何とかなるのですが、今の建設現場は人間関係が希薄。若い男性は責任をひとりで抱え込んでしまったのでしょう」(新国立問題を追及する建築エコノミストの森山高至氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    特攻兵士が残した「全体主義の国家は必ず敗れ去ります」の言葉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る