• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2028年がラストに? 「五輪」招致レース衰退で“消滅危機”

 2028年大会を最後に五輪130年の歴史に幕を下ろすことになってしまうかもしれない――。

 国際オリンピック委員会(IOC)は11日、スイスのローザンヌで臨時総会を開き、24年夏季五輪の開催地を決める今年9月の総会で、28年大会の開催地も同時に選定することを決めた。

 現在、24年大会に立候補しているのはパリとロサンゼルスだけ。2大会に2都市の立候補なので、当選は確実だ。あとはどちらが先に開催するかという順番だけである。

 スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏が言う。

「パリとロスのいずれかが、24年大会で落選したとして、4年後の選考会となる28年大会に再び立候補してくれるとは限らない。五輪を継続していくための苦肉の策でしょう」

 五輪招致に乗り出す都市は減少傾向だ。22年の冬季大会は開催が決まった北京の他は、カザフスタンのアルマトイだけだった。24年夏季大会も当初、カタール、ボストン、ハンブルク、ローマ、ブダペストなどが手を挙げていたが、いずれも住民の反対運動などで招致レースから撤退している。かつて取り合いになっていた五輪開催地は、いまや“お荷物”になりつつある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る