“反トランプ銘柄”が逆行高 米政権の政策転換を市場先取り

公開日: 更新日:

 株式市場はトランプ政権を見限った――。兜町から、そんな囁きが聞こえてくる。

「反トランプ銘柄の値動きが活発になってきたのです。21日は、トランプ大統領が否定してきたTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)関連などが逆行高を演じました」(市場関係者)

 地政学リスクの高まりやバルセロナでのテロ、トランプ政権の大混乱で日経平均はきのうまで4日続落した。ところが、トランプの政策変更を先取りするような銘柄群は株高傾向だ。

 トランプは最側近のバノン首席戦略官を解任。トランプの特別顧問を務めていた著名投資家のカール・アイカーン氏は退任を表明し、アップルのクックCEOやフェイスブックのザッカーバーグCEOはトランプ批判を展開した。

「政権内だけでなく、金融界や産業界を代表する人物がトランプの政策にノーを突き付け始めています。こうなると、アメリカ・ファーストのナショナリズムは影を潜め、トランプ政権はグローバリズムに舵を切るかもしれない。市場はそう判断したのでしょう。TPPや地球温暖化などトランプ大統領が切り捨てた政策が再浮上してくる可能性はあります」(株式アナリストの黒岩泰氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る