• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W不倫疑惑に憔悴…民進・山尾志桜里氏が議員辞職を検討

 民進党の山尾志桜里前政調会長(43)の既婚男性との「ダブル不倫」疑惑が波紋を広げている。党内では前原新代表の国政選挙の初陣となる10月の衆院トリプル補選へ影響する懸念から、山尾氏の離党は避けられないとの見方が広がっている。

 山尾氏の不倫疑惑を報じているのは、7日発売の週刊文春。記事によると、相手はイケメン弁護士として知られる倉持麟太郎氏(34)。山尾より9歳年下で妻子ある身だ。山尾氏が「幻」と消えた幹事長抜擢の打診を受けた2日にも、2人は都内の高級ホテルで“お泊まり”していた写真まで掲載されている。

 報道を受け、山尾氏本人は憔悴しきっており、関係者に「議員辞職を検討している」とほのめかしたという。ただ、今、辞めると来月の衆院補選の数が増えるため、執行部としては何とか離党にとどめたい考えだ。前原代表はけさ、「本人から話を聞きたい」と記者団に語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事