【東京2区】安倍チルドレンvs立憲・気骨弁護士の一騎打ち

公開日: 更新日:

辻  清人 38 自前
鳩山 太郎 43 希新
松尾 明弘 42 立新

「あら、痩せた? ステキになったじゃない」

「太郎、しっかり頑張れよ!」

 連休初日の7日、東京メトロ茗荷谷駅前。乗降客が足早に通り過ぎる中、故鳩山邦夫法相の長男は見知った高齢男女をつかまえては握手を求め、ぎこちない笑顔を振りまいていた。

 聞けばみな、祖父の故鳩山威一郎元外相時代からの支援者だという。父親と親交が深かった上田清司埼玉県知事や、元秘書で都民ファーストの会の増子博樹都議がマイクを握るも、通行人の反応は鈍い。わずか3分の鳩山の演説中も人の流れは変わらなかった。

■お膝元なのに埋没

 野党共闘で共産党が候補者擁立を見送り、現職に新人2人が挑む三つ巴の争いだが、鳩山のマサカの出馬に地元は困惑しきりだ。2003年の都議補選で当選したものの、05年は落選。07年の文京区長選、10年の参院選も敗れ、最近は希望の塾、輝照塾に通っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る