• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【東京2区】安倍チルドレンvs立憲・気骨弁護士の一騎打ち

辻  清人 38 自前
鳩山 太郎 43 希新
松尾 明弘 42 立新

「あら、痩せた? ステキになったじゃない」

「太郎、しっかり頑張れよ!」

 連休初日の7日、東京メトロ茗荷谷駅前。乗降客が足早に通り過ぎる中、故鳩山邦夫法相の長男は見知った高齢男女をつかまえては握手を求め、ぎこちない笑顔を振りまいていた。

 聞けばみな、祖父の故鳩山威一郎元外相時代からの支援者だという。父親と親交が深かった上田清司埼玉県知事や、元秘書で都民ファーストの会の増子博樹都議がマイクを握るも、通行人の反応は鈍い。わずか3分の鳩山の演説中も人の流れは変わらなかった。

■お膝元なのに埋没

 野党共闘で共産党が候補者擁立を見送り、現職に新人2人が挑む三つ巴の争いだが、鳩山のマサカの出馬に地元は困惑しきりだ。2003年の都議補選で当選したものの、05年は落選。07年の文京区長選、10年の参院選も敗れ、最近は希望の塾、輝照塾に通っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る