“3つの山口組”が事始め式…水面下で進む「電撃和解」構想

公開日:

 13日、6代目山口組と神戸山口組、任侠山口組の“3つの山口組”が、ヤクザの正月にあたる「事始め式」をそれぞれ行った。6代目山口組は神戸市灘区の総本部、任侠山口組は尼崎市の直系事務所で開催。神戸山口組は淡路島にある拠点事務所が使用禁止になっているため、神戸市内の関係事務所で会合を開いた。

「今年4月に神戸山口組から再分裂し、任侠山口組が発足。9月に任侠の組員が何者かに射殺されたこともあり、13日は兵庫県警の捜査員ら100人が警戒と情報収集に当たりました。しかし、特に大きなモメ事もなく、事始め式は終了しました」(捜査関係者)

 “3つの山口組”が粛々と事始め式を終えたのは、水面下で分裂騒動の早期決着が進められていることと無関係ではなさそうだ。現在、服役中の6代目山口組“ナンバー2”の高山清司若頭が遅くとも再来年には出所する予定。出所後、高山若頭と任侠山口組の織田絆誠代表との間で、山口組の“和解”について話し合われるかもしれないといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る