楽天の“携帯キャリア参入”で低価格競争は勃発するのか?

公開日:

 消費者にメリットはあるのか――。楽天が14日、携帯キャリアー事業へ新規参入することを発表。実現すれば、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3大キャリアーに続いて、“第4の携帯会社”となる。2019年中のサービス開始を目指すという。利用者にとって気になるのは、新規参入によって携帯の利用料金が下がるのかどうかだ。

 総務省は16年ごろから、携帯大手に対し、端末の購入代金の割引や「実質0円」などの“不当廉売”を是正するよう規制強化を図ってきた。消費者にとっては、携帯会社が価格競争をして、月々に支払う携帯料金が下がればうれしい。期待が膨らむが、新規参入の“恩恵”はあるのか。

「すぐに“料金値下がり”ということにはならないでしょう。消費者にとって分かりにくい料金プランの体系をキャリアー側が見直す契機にはなると思います。今は、プランの数が多すぎて、安いのか高いのか判別がつかない。スッキリしたプランが出てくるかもしれません。総務省としては、空いている電波を『塩漬け』にしておいても仕方ないですし、むしろ新規に1社参入させて公平な競争を促すキッカケにしたい、という狙いがあるのではないでしょうか」(ITジャーナリスト・井上トシユキ氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る