スマホ買取価格を上げるコツは 中古最大手ゲオMに聞いた

公開日:

 新型iPhoneの登場で、大手3キャリアーは下取りキャンペーンを展開。たとえば7(256ギガバイト)の下取り価格は、ドコモが3万円、ソフトバンクが3万840円、auが3万5640円。少しでもユーザーの負担を軽くして、乗り換えを促す構えだろう。

 が、大手に負けていないのが、中古携帯ショップ最大手のゲオモバイルだ。7の買い取り価格は、未使用品なら4万6200円。大手3社の最高値のauより1万円以上高い。中古だと、4万2000~2万6500円と幅があるが、状態がよければauの価格を7000円近く上回り、最低の状態でもドコモ価格をやや下回る程度だ。

 これは見逃せないが、売る側としては買い取り価格を少しでもアップさせたい。iPhoneに限らず、スマホの買い取り価格を上げるコツはあるのか。

「買い取りの査定は、パネルのヒビや本体のキズの程度のほか、スピーカーや各種のボタンの状態などを細かくチェックします。中でも目立つのが、パネルのヒビ割れです。買い替える人は、早めに修理しておくと査定額のアップにつながりやすい。もうひとつはバッテリー。劣化して膨らんでいるような状態のものは、交換しておくと価格がアップする可能性があります」(ゲオ広報課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る