スマホ買取価格を上げるコツは 中古最大手ゲオMに聞いた

公開日: 更新日:

 新型iPhoneの登場で、大手3キャリアーは下取りキャンペーンを展開。たとえば7(256ギガバイト)の下取り価格は、ドコモが3万円、ソフトバンクが3万840円、auが3万5640円。少しでもユーザーの負担を軽くして、乗り換えを促す構えだろう。

 が、大手に負けていないのが、中古携帯ショップ最大手のゲオモバイルだ。7の買い取り価格は、未使用品なら4万6200円。大手3社の最高値のauより1万円以上高い。中古だと、4万2000~2万6500円と幅があるが、状態がよければauの価格を7000円近く上回り、最低の状態でもドコモ価格をやや下回る程度だ。

 これは見逃せないが、売る側としては買い取り価格を少しでもアップさせたい。iPhoneに限らず、スマホの買い取り価格を上げるコツはあるのか。

「買い取りの査定は、パネルのヒビや本体のキズの程度のほか、スピーカーや各種のボタンの状態などを細かくチェックします。中でも目立つのが、パネルのヒビ割れです。買い替える人は、早めに修理しておくと査定額のアップにつながりやすい。もうひとつはバッテリー。劣化して膨らんでいるような状態のものは、交換しておくと価格がアップする可能性があります」(ゲオ広報課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  6. 6

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る