スマホ買取価格を上げるコツは 中古最大手ゲオMに聞いた

公開日:

 新型iPhoneの登場で、大手3キャリアーは下取りキャンペーンを展開。たとえば7(256ギガバイト)の下取り価格は、ドコモが3万円、ソフトバンクが3万840円、auが3万5640円。少しでもユーザーの負担を軽くして、乗り換えを促す構えだろう。

 が、大手に負けていないのが、中古携帯ショップ最大手のゲオモバイルだ。7の買い取り価格は、未使用品なら4万6200円。大手3社の最高値のauより1万円以上高い。中古だと、4万2000~2万6500円と幅があるが、状態がよければauの価格を7000円近く上回り、最低の状態でもドコモ価格をやや下回る程度だ。

 これは見逃せないが、売る側としては買い取り価格を少しでもアップさせたい。iPhoneに限らず、スマホの買い取り価格を上げるコツはあるのか。

「買い取りの査定は、パネルのヒビや本体のキズの程度のほか、スピーカーや各種のボタンの状態などを細かくチェックします。中でも目立つのが、パネルのヒビ割れです。買い替える人は、早めに修理しておくと査定額のアップにつながりやすい。もうひとつはバッテリー。劣化して膨らんでいるような状態のものは、交換しておくと価格がアップする可能性があります」(ゲオ広報課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る