経済効果200億円超 人気沸騰「シャンシャン」関連15銘柄

公開日:

 19日に東京・上野動物園で一般公開が始まったジャイアントパンダのシャンシャン。人気沸騰で経済効果は200億円を超えるというから驚きだ。何でも“買い”の材料にしてしまう兜町は早速、シャンシャン関連銘柄に注目している。

 定番は、上野動物園近くにあるレストラン「東天紅」と「精養軒」。「株価は落ち着いているが、年末年始で来客増となれば、上昇の可能性はある」(市場関係者)という。上野駅近くにデパートがある「丸井グループ」に、私鉄の「京成電鉄」、11月に複合商業施設をオープンした「Jフロント」も要注目だ。

 マネー評論家の新田ヒカル氏はこう言う。

「シャンシャンの動画をネット配信する『Jストリーム』には注目です。また、『香香(シャンシャン)』の名前に関連して、社名に『香』の文字が入った『長谷川香料』などにも注目が集まる可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る