五輪で消える2兆円問題…「コミケ」GWに前倒しは逆効果

公開日:

「決着」からはほど遠い。2020年東京五輪の影響で、「東京ビッグサイト」(有明)が使用制限され、毎年8、12月にある世界最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)」の開催が危ぶまれている問題。主催者側が、20年は8月開催分を5月のゴールデンウイーク(GW)に前倒しすることを決め、一部メディアは「コミケ問題決着」と報じていたが、事はそう簡単にはいかない。

 この問題については、小池百合子都知事が9月の会見で「5月1~5日にコミケ関連で使えるように関係者と調整する」と表明していた。今回の決定は、主催者側が都の要望に応えた格好だ。

 コミケは、一般の有志がサークルを組み、漫画やグッズなどを作製し即売するイベント。3日間開催され、直近の8月は延べ50万人が訪れた。ネット上では早速「ただでさえ混雑するGWに開催しては、東京が大パニックになる」「(首都圏外から来る)遠征組の宿泊施設がなくなる」といった声が上がっている。同人誌業界関係者はこう危惧する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る