ロシア疑惑進展へ トランプ元選対幹部が司法取引に応じる

公開日:

 トランプ政権のロシア疑惑に関連して、資金洗浄などの罪で起訴されていた2016年米大統領選のトランプ陣営の元選対幹部リック・ゲーツ被告が司法取引に応じ、疑惑捜査に協力する意向を示した。

 これまで起訴内容を全面否認していたゲーツ氏は23日、首都ワシントンの法廷に出廷。モラー特別検察官の捜査チームから一部の起訴内容を認めれば刑を軽減する司法取引を提案され、これを受け入れた。ゲーツ氏が認めたのは、国家に対する陰謀と捜査官への偽証の罪。数十年の刑期に相当するとみられる罪は、今後の捜査協力次第で大幅に軽減される見通しだ。

 ゲーツ氏は、大統領選で選対本部議長を務めたポール・マナフォート被告のビジネス仲間で、選挙では「右腕」として働いた。ゲーツが捜査協力に転じたことで、トランプ陣営とロシアの共謀疑惑の解明が進展するのは確実だ。

 ゲーツ氏と共に資金洗浄などで起訴されたマナフォートは否認の姿勢を崩していないが、捜査チームはマナフォートにも捜査協力に向けて圧力を強めていく方針。トランプ陣営の元関係者では、パパドポロス元外交政策顧問、フリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が捜査協力する方針を示している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る