• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプが危ないジョーク連発 「次辞めるのはメラニア」

 トランプ米大統領が、本音交じりの際どいジョークを連発した。まずは、米大統領とホワイトハウスの記者団がお互いを痛烈にからかい合うのが慣例となっている3日夜のホワイトハウス記者会夕食会。

 トランプは政権幹部が相次いで辞任していることに触れ、「新陳代謝があって政権は強くなるよ。私は混乱が好きなんだ。次は誰だろうね? (トランプのスピーチライターで大統領上級顧問の)スティーブン・ミラーか? それとも(妻の)メラニアかな?」と、不倫疑惑で不仲説が流れる夫人までダシにして自虐ネタを連発した。

 一方、南部フロリダ州で同日行われた支援者との会合で、中国の習近平国家主席について「今や彼は終身国家主席だ。素晴らしい」などと称賛した。

 CNNテレビが入手した音声データによると、トランプは「われわれもいつか試してみなければならないかもしれない」と語り、米大統領の任期の撤廃に触れた。

 もちろんジョークだが、ひょっとしたら本音かも、と感じさせるところがトランプだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る